雑記

「苦手を克服」より「得意を伸ばす」

苦手なことに費やしている時間はない

これまで

  • ものすごく頑張ったのに成果が出なかった経験
  • あまり苦労してないのに周りから褒められた経験

ありませんか?

 

私はここ1−2年ほど、

苦手なことよりも得意なことにフォーカスした方が

人生うまくいくのでは?と思い始めました。

 

得意なことをやった方が効率がいいし、楽しい。

 

更に苦手なことで頑張ろうとすると、

迷惑をかけることが多い。

 

例えば、私の場合はデータ入力の仕事。

大雑把な性格なので、

決められたものを正確にタイプするという作業がものすごく苦手です。

 

結局後チェックで修正が入って二度手間になったり

ミスに気づかず間違ったデータが取引先に行ってしまったり(汗)。

 

私は経理の仕事を1年ほどやっていたことがあるのですが

正確に黙々と作業することの向いてなさは

嫌という程実感しました(笑)。

 

経理で働いていた頃は、

毎日が本当に苦痛で

運よく部署異動で離れることができたものの、

真剣に転職を考えていました。

 

食わず嫌いも有り得るので

苦手なことからなんでもかんでも逃げればいい、というものではないですが

数ヶ月試してみて明らかに向いていないものは

捨ててしまっていいのかなと思っています。

 

一方で私が大好きなのは

人と話すこと。

相手に興味を持つことは

空気を吸うのと同じくらい私にとっては自然なことです。

 

なので人と人の間を取りもったり、

アイディアを引き出してまとめたりというのは

苦労なくできて人からも評価してもらえるところだと思っています。

日本はバランス型優等生が好まれる?

学生時代は

オールマイティな優等生が好まれる傾向にあった気がします。

 

勉強で「数学だけ飛び抜けていて、後は全然だめ」という子より

全教科できてる方がバランス良い人間に見えるというか。

 

私自身も、常に人と比較して

だめなところを見つけては

克服しようとしてきました。

 

でも苦手なことを克服するのって

そもそも感情の始まりがマイナスだからしんどいんですよね。

 

元々得意なこと、

少なくともフラットなスタートで

能力を伸ばしていけることの方が

本人も楽しいし

成果も出やすい。

 

そこには他人と比較して秀でているか、というものさしはいらないと思うんです。

 

社会に出て10年近く経ったことに加えて、

コロナで外出や旅行制限を受けたことで

  • 人生の時間は有限
  • やりたいことは今すぐやるべき
  • 1日の約3分の1を占める仕事はできるだけ成果が出て楽しいものにしよう

という考えるようになりました。

 

限られた時間をどうすれば

幸せに過ごせるか?

 

今でも他人と比較してへこむことは多いのですが(笑)。

苦手なことに手を取られている時間はないなと

できるだけ意識して考えるようにしています。

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。