駐在生活

【アメリカのくらし】アドレナリン放出。ブラックフライデーセール。

アメリカで1年で最もお得な時期

11月下旬にブラックフライデーがありました。

日本でも徐々に浸透しているみたいですが、

発祥元のアメリカでは本当にお買い得商品がたくさん。

 

特に今年はコロナの影響で、

売り手も買い手もオンライン販売に力を入れていたため

スマホの画面から数日間目が話せませんでした。

 

会社の同僚達も、ブラックフライデーセールだねと

数日前からワクワクしていました。

 

今年でアメリカでのブラックフライデーセールは3回目。

 

1年目は赴任数ヶ月後で、バタバタしていたし

ブラックフライデーセールがそんなに大掛かりとは

ピンと来てないままほぼ買い物せず終了。

 

2年目は、ブラックフライデーは電化製品が特に安いということで

厳選してAirpodsとKindleを買いました。

(この2つは今でもしっかり役立っていて満足しています)

 

わたしの戦利品

そして3年目のブラックフライデー。

任期から考えて恐らく最後のブラックフライデーになるだろうということで

気合いを入れて臨みました。

 

結果とても満足する買い物ができました。

買い物疲れして

最後の方はもう見せないで、という気分になりました。笑

 

私の戦利品

iphone以外はセールで50〜70%オフでした。

衣服

  • ショートブーツ トリーバーチ
  • 通勤カバン コールハーン
  • 旅行カバン Lo and Sons 2つ
  • Tシャツ ブルックスブラザーズ
  • スニーカー ナイキ
  • ブラウス セオリー
  • ジーンズ リーバイス 3本

ガジェット系

  • ルンバ e5
  • iphone12 mini

食べ物

  • Harney and sonsの紅茶

 

本当は化粧品系も書いたかったけど

完全に予算オーバーだったので

泣く泣く諦めました。

 

アメリカブランドは特にお買い得

そもそもの価格が日本より

本家アメリカの方が安いです。

 

更にアウトレットとなるとお買い得。

  • コーチ
  • ケイトスペード
  • マイケルコース
  • ラルフローレン
  • コールハーン
  • サボン
  • キールズ
  • クリニーク

 

例えば

以前購入した

コールハーンのスニーカー約4000円。

日本では2万5千円前後です。

 

こんなに価格差があっていいの!?と思う

びっくり価格です。

 

日本では高く売られすぎている気もします。

ブランド料なんでしょうか。

 

ブラックフライデー期間中は

買い物をしたことのあるブランドから

大量にセールを知らせるメールが毎日毎日受信BOXに。

ずっと画面とにらめっこしていた気がします。笑

 

今年は旅行もあまり行けなかったし、

コロナ禍で海外独身生活耐え抜いてるしご褒美で

たまにはいいよね、と

自分に言い訳しつつたくさんポチってしまいました。

 

でも、とても満喫したブラックフライデーでした。