恋愛

【駐在女の恋愛事情】彼に最近言われて嬉しかったこと

日本に駐在前からお付き合いしている年下の彼がいます。

最近言われて嬉しかったことがあって

それは

遠距離してよかった

そんなセリフが出るとは全く予想してなかったので、

とてもびっくりしました。

 

元々彼は、遠距離は自分には無理だと思っていたようで駐在に大反対。

特に私の駐在予定が3年だったので、長すぎると。

平成の時代にこんなこと言う?と衝撃を受けたのですが(そして今はもはや令和ですが)

俺と仕事とどっちが大事なの?

と言われたのは今でも忘れられません。

 

仕事はやめて専業主婦になってもいいから、日本にいて欲しいと言ってもらったのですが

押し切る形で駐在を決めました。

近くにいても続く時は続く、別れるときは別れる!

という考えで強引に。笑

 

最初の頃は本当に寂しそうで、また年下なこともあり

ペットを残して来たような罪悪感がありました(笑)

さらに彼は元々嫉妬しやすいタイプ。

遠距離だと色々な想像が掻き立てられるようで、

行動を制限したがる彼、自由にしたい私で

ちょっとした言い合いになることも何度かありました。

 

そんな彼と遠距離すること約2年、遠距離してよかったと言ってくれたのです。

理由は

  1. 二人の関係を落ち着いて考えられたこと
  2. 貯金ができたこと
  3. これだけ離れてても大丈夫だったから、きっとこれからも大丈夫だと思えたこと

だそうです。

 

ちなみに後から知ったのですが、

私がアメリカ行きを決めた当時

貯金がほとんどなかったそうで

よく専業主婦になってよと言ったなぁと思いました。笑

あの頃は現実的なことが何も分かってなかった、と言っていました。

 

人によっては

「彼氏絶対日本で好き放題遊んでいるよ」と言われたりもします。

でも結局お互いを信じることでしか、遠距離ってできないと思うので

何か発覚したらその時はその時。

それまでは信じていよう、というのが私のスタンスです。

 

日本にいた頃父親に駐在に行くかどうか迷っている、ということを打ち明けたところ

きっと私にも彼にもいい機会だから行った方がいいと背中を押してくれたのです。

その言葉どおりだったのかな?と思います。

 

もちろんこの先どうなるかなんて、誰にも分かりませんが。

コロナで会えないので、むしろ今が一番の危機かもしれません。

これまでは半年に1回は会っていたのですが

1年ほど会えておらず、

また次にいつ一時帰国できるかも分からない状況です。

コロナが早く落ち着くことを願うばかりです。

 

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。