未分類

アメリカに来て美味しさに目覚めた○○料理。

寒波到来中です。

1人で絶賛おこもり中なので、

あったかいご飯のことでも考えたいと思います。笑

 

よく知られているように、世界中から移民がやってくるアメリカでは

いろんな国の料理が食べられます。

 

私がアメリカに来てよく食べるようになったのはこの3つ

  1. 地中海料理
  2. メキシコ料理
  3. ベトナム料理

日本人の口に合うと思うので、日本でも近くにお店があればぜひ行ってもらいたいです。

⑴地中海料理

Mediterranean foodと呼ばれる料理です。

Wikipediaによると、スペイン・イタリア・ギリシアなど

地中海沿岸諸国の料理とあります。

 

私は写真のような「ケバブ+焼き野菜やサラダ」の形でいただくことが多いです。

 

脂身の少ないお肉で、炭火焼きの匂いが香ばしく

ヘルシーで見た目も綺麗です。

味付けも多少香辛料は下味についていますが、

とても食べやすいです。

このフムスと呼ばれる、豆のペーストもコクがあって大好きです。

地中海料理は和食のように、

ユネスコの無形文化財に登録され

健康的な食事として世界で認知されているそうです。

⑵メキシカンフード

濃い味&チーズ好きにはたたまらないです。

安くてレストランもアメリカの至る所にあり利用しやすさも◎

 

定番のタコスや

酢漬けのようなさっぱりした海老のセビーチェ、

タコスに似ているけど生地がもっと大きくて柔らかくて

チーズソースがたっぷりかかったエンチラーダ。

 

油やチーズたっぷりでハイカロリーおばけですが(笑)

食べ慣れるとやみつきになります。

⑶ベトナム料理

同じアジア圏だからなのか、

日本人にはとても口に合いやすい料理だと思います。

特に大好きなのが麺類のフォーです。

出汁が効いていて、安心する味です。

 

アメリカに来るまでフォーを食べたことは何度かあったと思うのですが

大味のアメリカの食事にちょっと疲れていた頃

初めてアメリカでフォーを食べた時は美味しさに大感動。

 

スープだけ冷凍で買いたいと思ったほどでした(笑)

おまけ)あまり食べなくなった料理

反対に日本より食べる頻度が減ったのが

イタリアンです。

 

日本で女子会の鉄板と言えばイタリアン、

フレンチに比べて値段も手軽だし外食では特によく利用していました。

 

アメリカであまり食べなくなった理由は、

美味しいイタリアンを見つけるのが難しいからです。

 

もちろん美味しいというのは、日本人/私目線ですが。

イタリア料理自体はアメリカでも人気で、至る所にレストランがあります。

 

でもなぜか大体のお店でパスタがゆですぎているんです。

アルデンテとは…?

味付けも、日本のように例えば旬の食材を使ったり

素材の味を活かしてというよりかは、

 

ソースやチーズ、具(ミートボールだったり海鮮だったり)がどーん!

たっぷり大味仕上げ。

 

これはこれで好きなのですが、

日本の繊細なイタリアンが恋しくなります(笑)

ランチ1500円で簡単なコースにコーヒーまでついて来たり、

日本のレストランのコスパの良さは最高だなぁとつくづく思います。

 

以上アメリカでよく食べるようになった料理(地中海・メキシカン・ベトナム)と

機会が減ったもの(イタリアン)紹介でした。

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。