雑記

ストレングスファインダーのコーチングを受けてみた。

テストは受けてみたけれど

前回の記事で書いたように、

強み診断である

ストレングスファインダー」をやってみて

自分の5つの資質(強み)は分かったわけですが

これを一体どう活かせばいいのか分からない。

 

というわけで資質の解説をしてもらえそうな

単発のコーチングをオンラインで受けてみました。

 

お値段は1時間1万円。

 

初めてのコーチングなので、

これが高いのか安いのか不明ですが

私にとっては勇気がいる額です。

 

でも、結果受けてみてよかったです。

よかった点

1 資質の組み合わせと具体的な活かし方を知ることができた

2 悩んでいることに対する自分の今の気持ちを客観的に見れた

コーチングの内容

コーチングはZoomを使ってのオンラインセッション。

 

コーチの方は事前にウェブサイトで写真を見ていた、

物腰の柔らかそうな男性でした。

 

セッションは全部で1時間で

・最初の10分で軽く自己紹介と世間話

・40分ほど質問やりとりしながらコーチング

という形でした。

その方は何かお題を1つ決めて、

それについて深掘りをしていくスタイルとのこと。

 

何かテーマにしたいことありますか?と言われたので

目下の悩みである

東京で働きたいVS地元で結婚」について相談することにしました。

 

まず資質の解説として最初に言われたのが

私の5つの強み

  1. ポジティブ
  2. 最上志向
  3. 調和性
  4. 運命思考
  5. 収集心

組み合わせとして

総じて受け入れる力が高いということ。

 

ザ・適当&大雑把人間なだけですが、

それが強みになるんだとモノは言いようだなと思いました(笑)。

 

また4番目の運命思考は嫌なことや辛いことにも

意味づけするのが得意なので

どんな選択肢を選んだとしても後悔しないタイプとのこと。

 

そういう意味で、地元か東京かどちらの選択肢を選んでも

前向きに楽しくやっていけると思います、言われました。

 

普段だったら、

それじゃあ判断の助けにならんわ!

とつっこむところですが(笑)

 

客観的なテスト結果に基づいていること、

確かに何事にも意味づけするのは自分の思考のクセなので

納得でした。

 

その他セッションで印象に残った言葉メモ

  • 5つの組み合わせは明るく、柔らかく、そして可能性を拓いていくもの。
  • 数字や論理より、感情で動くタイプ(それが良い、悪いではない)。
  • チームで働くのが向いている。一緒にいる人を前向きにさせる力。
  • 「人と関わるのが好き」という時、本当に楽しそうに話をしている。
  • ストレングスファインダーは性格診断ではない。また可能性を広げるものであって、狭めるために使われてはいけない。

自分の気持ちを客観視できた

コーチングを受けてみて意外なメリットだったのが

自分の正直な気持ちを

人に話すことで自覚できたということです。

 

東京か地元か?

自分の気持ちでは5分5分で惹かれている

と思っていたのですが

 

東京に出たい気持ちの方がぐっと強い、

ということに気づけました。

それを一番強く実感したのは

コーチの方に

 

「もし東京に行ったらどんな未来が描けそうですか?

逆に地元にいたらどんな未来でしょうか?」

と質問された時

 

どちらもある程度すらすらと答えられたのですが

(例:東京ではいろんな価値観を持っている人と、刺激を受けて毎日わくわく。地方にない仕事も選べる。

地元に残ったら、彼と穏やかなお付き合いをして、結婚して親元で子育て)

 

東京の話をしている時は

上を見ながら楽しそうに話していて

地元の話をしている時は

やや俯きながら話をしている。

 

言われるまで自覚なかったのですが

確かにそうだったんです。

 

自分でもびっくりするくらいトーンが違いました。

 

あー私東京に出たいんだなぁと。

 

色んな悩みって自分の中での優先順位や軸が定まれば

解決の糸口がぐっと近づくものだと思っているので

客観視できたことがよかったです。

 

私の上京VS地元問題について言えば、

(今の彼との関係性は手放せないけど)

そのさきにある子供を持つことと

東京に出ること、どちらかしか選べないのであれば

東京に出たい、という気持ちが見えました。

 

たった1回のセッションでしたが、受けてみて良かったです。

よかった点

1 資質の組み合わせと具体的な活かし方を知ることができた

2 悩んでいることに対する自分の今の気持ちを客観的に見れた



ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。