雑記

ハタチ過ぎたらブスは自分のせい

最近たまたま読んだ少女漫画で突き刺さった一言。

ハタチ過ぎたらブスは自分のせい

 

30歳が近づいてきたからか、

ここ1年ほどで急に「自分の習慣が自分の体を作っている

という実感が生まれました。

 

これ20代後半までは、全くなかった感覚で

見た目に関するコンプレックスは

(例:全体的にがっちり体型、特に足が太い、肌や髪が汚い)

全部遺伝だからしょうがないと思っていました。

 

確かに顔の作りとか身長とか変えられない部分はあると思うのですが、

  • 垢抜けた雰囲気
  • 綺麗な肌や髪
  • 健康的な体型

本人の努力でできることもたくさんあるはずですよね。

それにブスだという自覚があるならより一層、

元々美しい人に比べて本来は努力が必要なはず。

 

でもなんだかオシャレをしたり綺麗になること自体が

ブスな自分には不相応な気がしていました。

 

可愛いは作れる、という言葉も全然ピンときてませんでした。

自分はそういう女子集団からはみ出ている存在だと感じていました。

 

高校生の頃、トイレの鏡で入念に前髪チェックしている女の子を見て

嫌味でもなんでもなく、よくそんなに長い時間自分の顔を直視できるなぁと思っていました。

(今も苦手ですが・・・)。

あとはデパートの化粧品コーナーのキラキラした感じがとても居心地悪く、

通り抜ける時はいつも足早に俯いていました。

 

今思えば、直接誰かから後ろ指をさされた訳ではないのに

勝手にオシャレ=可愛い子がするもの、

最低限の身だしなみさえできていれば私はそれでいい。

ブサイクな自分が見た目を気にするなんておこがましいと思っていました。

 

今考えれば、そう思っていた方が

自分と向き合わなくていいから楽だったんだろうなと思います。

 

そうやって割り切っているように見えて、

綺麗な人やすらっとスキニー履きこなしている人を見ては

羨ましくてしょうがなかったです。

でも自分にはどうせ無理だし、と

コンプレックスをこじらせていました。

そう思っている間に何か1つでも運動でもすればいいのに(笑)。

 

でも自分が歳を重ねるにつれて

自分の周囲の人も年齢層が上がって

体型や肌がその人の習慣や趣味によって状態がかなり違うことを実感しています。

幸せに生きるためには健康と見た目大事なのではと思い始めてきました。

 

さらにアメリカでは、どれだけ太っていたり歳を取っている女性でも

平気でみんなショートパンツやピタピタの服を着ていたり

お化粧もバッチリという人をよく見ます。

「自分は自分」

「自分に自信を持っているのがかっこいい」という価値観が浸透している気がします。

正直目のやり場に困ることもあるのですが、

思い思いにファッションを楽しんでいる様子に勇気をもらいます。

 

それに自分がなりたい姿に向けて

まっすぐに努力している人って単純にかっこいいですよね。

まだまだですが、少しずつ習慣改善中です。

 

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。