駐在生活

【アメリカのくらし】朝から手軽に。自宅で焼き立てクロワッサン

冷凍クロワッサン生地が便利

ある日ふと、

朝から焼きたてのパンが食べられたら最高だな」と思いました。

 

ただいかんせんずぼらな私。

ホームベーカリーを買って、材料を準備して…なんて想像するだけで、

面倒くさそう。笑

 

そこで以前友人からおすすめされた

冷凍クロワッサン生地を買ってみました。

 

トレーダージョーズのチョコクロワッサン

スクリーンショット 2020-12-16 15.02.40.png

イメージとしては

日本で一般的な冷凍パイシートの

クロワッサンバージョンです。

 

自分で生地の材料を集めてこねる必要なく、

(生地をねかせる時間がちょっと長いのですが)

オーブンで焼けばいいだけの簡単仕様です。

手順

準備するもの

  • クロワッサン生地
  • クッキングシート
  • 天板(無くても可)

 

作り方

とても簡単3ステップです

  1. 生地を前日の夜に出し一晩室温で置いておく置いて
  2. オーブンを350度に温める
  3. 20分から30分焼く

 

まず生地を7−8時間置いて、発酵させます。

長いと思うかもしれませんが

上に書いた通り、寝る前に室温に戻して一晩置いておけばOKです。

<コツ>

室温に戻す際に、天板とクッキングシートの上にクロワッサンを置くこと。私は最初お皿の上に置いてラップをかぶせていました。発行させてから、朝クッキングシートに移そうとすると生地が柔らかくかなり型崩れしてしまいました。

 

朝起きてみると、生地がぐーっと驚くほど大きくなっています。

焼き上がり後のビフォーアフターで見てもらうとよく分かります↓