駐在生活

在宅勤務が1年半以上続くことが決定しました

アメリカで在宅勤務しています

先日会社から通達があり、

来年の6月まで在宅勤務を延長することが決定しました。

 

コロナの影響で

元々2020年の2月から在宅勤務しています。

 

「とりあえず」で始まったけど

あっという間に9ヶ月も経っていました。

 

今回半年以上先まで在宅勤務になったことで

(予想はある程度していましたが、)

そんな先まで状況が良くなる見込みがないんだと

少し暗い気持ちになったのは事実です。

 

でも会社の思いきりの良さには拍手です。

 

そこまで長引くならデスクや椅子を少し良いものにしようかな、とか

色々計画も立てやすいです。

 

周りの日系企業は

1ヶ月ごとに様子を見ながら

オフィスに戻るかどうか判断しているようです。

私は子会社の現地法人に出向しており、

意思決定の速さにあっぱれです。

 

コロナになってから

行動の制限や不安で

しんどいな、ストレスだなと思うことは

もちろんあります。

 

毎日嘘みたいに増えていく感染者数を眺めていると

本当に自分が住んでいる場所の話だろうかと

信じられない思いです。

 

でも悪い側面ばかりをみていても仕方ないですし、

コロナになって良かったことを考えて見たいと思います。

毎日の中で「いいな」と思うことが増えた。

元々根が単純なので、

すぐ幸せを感じられる方です(笑)。

 

月並みですが、

コロナになって当たり前がどれだけ尊いか身に沁みました。

 

ちょっとしたことでも「いいなぁ」と思うようになりました。

  • 朝ベランダから見る朝日がきれい
  • 友達とご飯を食べられる幸せ
  • 計画通りに仕事が終わらせられた

 

そんな小さなことで幸せを感じられます。

日々の暮らしが前より少し大事にできている気がします。

自分の本当にやりたいことに時間を使える

在宅になって出勤時間が削減され、

仕事量も8割程度になりました。

 

さらに以前は週末ともなると

飲み会に旅行に、とできるだけ予定を詰めこんでいましたが

今は月に数回限られた友人と食事を一緒にするくらい。

 

圧倒的に1人の時間ができました。

社会人になってお金よりも何よりも

時間がとても大事な資産だと思うようになりました。

 

よく言われることですが、

人は「時間はかかるけど人生にとって重要なこと」をやったほうが良いのに

つい目の前の「大したことではないけど、すぐ処理しないといけないこと」を追いがち。

 

私もそうだったし、今もSNSをみてだらだら

時間潰してしまったと思うこともたくさんあります(笑)。

 

でも、今はこうしてブログを書いたり

スペイン語のオンラインレッスンを毎日受けたり

やりたいなと思っていことに時間を使えるようになりました。

 

また睡眠時間が増えました。

5時間→6.5〜7時間くらいになりました。

 

健康より大事なものはないのに、

以前は仕事の忙しさを理由に

睡眠をおろそかにしていました。

 

こんな感じで、コロナになって良かったこともあります。

 

ワクチン開発も進んでいるようですし、

永遠に今の状態が続くわけではないと分かっていることは希望です。

早く収束して、

いつでも

会いたい人に会えて

やりたいことをやれる日がきますように。

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。