駐在が決まるまで

20代のうちに海外駐在するには?

海外駐在に至る過程は人それぞれで、

色々なルートがあると思うのですが

じゃあその「色々なルート」って例えばどんなの?という具体的な情報が

意外と少なかったりするんじゃないかなーと。

今回は、凡人の私が何をやったら駐在にいけたかというお話をしたいなと思います。

駐在は確実に行けるものではないけど

確率」を上げる方法の一例として参考になれば嬉しいです。

海外駐在するために私がやったこと3つ

結論から

・その1:海外関連業務の多い会社に入社した

・その2:海外業務の多い部門へ異動して、(最低限)英語と業務知識を磨いた

・ その3:職場で海外駐在希望をアピールした

それぞれ説明していきますね。

その1:海外関連業務の多い会社に入社した

現在の会社は新卒で入った会社なのですが

大学生の頃就職活動をする際に、

漠然と海外に関わる仕事がしたいなぁと思ったので

海外関連業務の多そうな会社、

具体的には「商品やサービスが海外売上比率の高い会社」を探して受けまくりました。

グローバルな時代と言われている今、

昔と比べて一切海外と関わりがない会社の方が

珍しくなってきているのかもしれません。

それでも「そもそも取引先や工場が海外にある会社の方が

圧倒的に海外関連の業務が多いはず!」

という超単純発想です。

まずは少しでも入り口を広げる、

チャンスのありそうなところに身をおけるようにしようと考えました。

ちなみに私は商社勤務ではありませんが

総合商社ではトレーニーという名称で

入社数年で1年ほどの研修で海外に送られることが多いという印象です。

そもそもの入社が狭き門ですが。笑

その2:海外関連部門へ移動して、(最低限)英語と業務知識を磨いた

入社当初は海外と関係のない、しかも管理系の部署に配属となりました。

いわゆるバックオフィス的な部門です。

しかし、入社して3年経つ頃希望を出して

海外営業系の部門へ異動させてもらいました。

その部署はメールが基本だったものの、英語を使う機会が日常的にあり

業務知識と併せて学んでいきました。

(と書くとさらっとですが、苦労しました!たくさん恥もかいたし)

ただ私がここで身につけたスキルというのは本当に最低限。

具体的にはメールを使って英語でやり取りと、

会議も事前に議題や詳細が見えていればなんとかついて行けるレベル。

その場で考えて、自分の意見発信して、ネイティブとディスカッションして、、、

みたいなレベルでは全くありませんでした。

ただ

苦労しながらも、なんとか最低限のコミュニケーションはこなせるのではないか?

と周囲に思ってもらう

(ここポイント。実際そうじゃなくても、「できそう」と思ってもらえれば勝利です笑)

レベルになれば、まずは土俵には乗れると思っています。

その3:周囲に海外駐在希望をことあるごとにアピールした

そしてだめ押しとして

機会があるごとに

職場の人、特に上司やさらにその上のえらい人たちと話す際に

いつか海外駐在したい!という希望を伝えていました。

ちなみにこれは相手から聞かれてもいないのに、

勝手に希望を述べるということではありません(笑)。

(本当はそれくらいのガッツが必要なのかもしれないですが、ゆるっと生きている私には無理。。。)

ただ上司との定期的なキャリアに関するミーティングや、飲み会の場など

「将来どんな仕事をしたい?」とか

「海外で働くことに興味ある?」と話をふられた時には

食い気味で「めっちゃ海外駐在いつかしたいです!!」と伝えていました。

言うのはタダ。笑

もちろんそれで目の前の人が「そっかじゃあそうしてあげる」となるわけでは

全くありません。

ただそうやって繰り返していくことで

周囲に「アイツは海外に行きたいらしい」と言う印象を植え付け(笑)

いつか出向者を出そう、という話が出た時に

候補者リストの最下位にでも食い込むことをイメージしていました。

例えば20人候補者がいて、自分が20番目だったとして

もしかしたら自分以外の19人が

海外で働くことに抵抗があったり、家庭の事情でどうしても行けなかったりして

万が一、億が一打席が回ってくるかもしれません。

そう思って、いつか40代くらいで駐在できたらいいなぁと考えていたら

社内でポストの募集があり、応募してみたら運良く受かることができました。

「環境選び」がとにかく大事

能無し事務系の私にとって海外に行ける可能性が少しでもある「環境」がとに買う重要でした。

私は仕事ができるわけでも、帰国子女でも、専門性があるわけでもありません。

でもより確率が高い環境を選び、立候補し続けました。

なんて書くと殊勝なことに聞こえますが、

ぜーんぜん深く考えて

それは意図的にやったと言うより、

興味あるもの、やりたいことに少しでも近づいていたと言う感覚に近いです。

もし今、なんとなく海外で働くことや駐在することに興味があって

でも全然外国語できないし、海外経験もないし何から始めれば。。。

と思っているひと

少しずつでも、やりたいことに近いことや環境を

選んで行ってみて欲しいなぁと思います。

自分のやりたいことに常にポジティブでありたいなと思います。

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。