駐在が決まるまで

アラサー独身女 駐在前の準備リスト

現在アメリカに駐在しており、

私が実際に赴任決定〜渡航までの約3ヶ月でやったことをご紹介します。

当時を振り返ると「バタバタかけ抜けたなぁ」という印象。

やるべきことはたくさんありますが

できるだけサクサクと終わらせて

限られた時間は

大事な人と過ごす時間に当てて欲しいなと思います。

なるべくショートカットできるところは、効率的に。

そのための参考になれば嬉しいです。

また9項目に分けてご紹介しますが

基本的に上から重要度が高いもの

もしくは早めに着手した方がいいなと思う順番になっています

ではいってみましょう。

赴任準備To do

ビザ手配

とにかくまずはこれから。

なぜなら一番時間かかるうえに、

基本的にスケジュール等自分でコントロールできないからです。

必要な提出書類が何かをすぐに確認

早速準備していきましょう。

ここが遅れると全てのスタートが遅れるので

まず最初に取り掛かることをお勧めします。

また私は地方在住で

ビザ面接を新幹線に乗って受けに行く必要がありました。

これだけでまず1日が潰れます。笑

病院・歯医者関係

よく言われることですが、

海外では医療費が莫大になるケースが多く、

赴任前にはきちんと病院や歯医者にいって

不安に思うことはできるだけ解決していきましょう。

いくら会社の保険で金銭的にカバーされるといっても

海外で病院に行くのは大変です。

  • 健康診断
  • その他健診(婦人科系含む)
  • 常備薬を多めに処方してもらう
  • コンタクト
  • 虫歯治療

病院関係は予約がすぐ取れるわけではないですし、

一度診てもらってから、通院が必要か決まるので

こちらも早め早めに動くことが大事です。

私は準備の2割くらいが病院関係だった気がする。。。

(主に虫歯治療。本当は産婦人科でピルもらいたかったけど

時間が無くて行けませんでした)。

引っ越し荷物手配

引っ越し業者さんに連絡して、荷物引取の日程調整を行います。

※春など人事異動が多い時期は、希望のスケジュールがなかなか取れないので注意

  • 引っ越し業者との日程調整
  • 現地へ送るもの買い出し
  • 荷造り
  • 荷物だし

引っ越しは例外なくそうですが、

肉体的にもハードだし、時間もかかります。

単純に現在家にあるものを送るだけでなく、

赴任先で買えなさそうなものを日本で買っておいて送る、

逆に不要となるものは処分する、

ということも必要です。

何を送ったか?送ってよかった、悪かった、と言うことは

また別の記事で取り上げたいと思います。

家関連

現在住んでいる家(日本)

  • 賃貸の場合、引き払いの手続き
  • 電気・水道・ガスなどインフラ系停止手続き

こういう手続きってなんでこんなにおっくうなんでしょうね…。

赴任先の家

  • 委託会社とのやりとり
  • (ある場合は)下見出張

家探しについては、こちらの記事で詳しく紹介しています

役所・免許手続き

忘れてはいけないのがこちら。

  • 住民票の転出届け
  • マイナンバー失効手続き
  • 運転免許の更新日確認 ※赴任中に失効する可能性がある場合は日本出国前に手続き可能
  • 国際免許の取得 ※赴任先で運転する可能性ある方
  • 郵便物の送付先変更(私の場合は実家にしました)

役所関係で大変なのが、何といっても

平日夕方までしかやっていないところですよね。

仕事をなんとか調整しましょう。

航空券・ホテルの手配

具体的な出発日が確定したら手配しましょう。

フライト

ホテル

ホテルは赴任後、家が決まるまでの仮住まいになります。

何日分まで会社の費用負担範囲なのか?

確認のうえ手配しましょう。

お金関係

こちらは時間があればですが、

やっておいてよかった!というおすすめです。

  • 銀行口座の整理
  • オンライン・バンキング設定
  • クレジットカード手配
  • 赴任先へのお金の持っていき方確認・決定

私が赴任先はアメリカで、

確定申告の際に

日本で持っている口座も申請が必要だと事前に聞いていたため

処理を少しでも楽にするために

使っていない口座は閉じました。

また赴任先でも残高確認や振込ができるように

それまで面倒くさがってやっていなかった

オンラインバンキングの手続きをやりました。

某ゴールドカードを年会費払って持っていましたが

カードの使用が少なくなることが目に見えていたし

メリットが国外ではあまりなさそうだったので解約しました。

携帯電話の解約

日本の携帯電話をどうするか問題です。

完全に解約するか、電話番号だけ保管しておくという手もあります。

結論から言うと、私は格安SIMに切り替え保持という選択にしました。

月々2,500円ほど。

メリットは、一時帰国の際にすぐ使えること、

また電話番号を保管しておく費用と大きく変わらずお手頃な点。

もし仮に現在月々7、8千円以上スマホ代がかかっている場合は

赴任期間によりますが

解約した方が良いと思います。

また現在はLINE電話が普及していて、

電話番号自体ほとんど必要ないですし

格安SIMとはいえ私の任期3年で考えれば

解約するのもありだったかなーと思っています。

仕事の引き継ぎ・事務手続き

最後に、これまでの項目をこなしながら、

当然引き継ぎも行なっていく必要があります。

また出社最終週には顔を出せる範囲では挨拶に行ったり

デスクの片付けをしたり

異動についての挨拶メールを作ったり、、、

あっという間に過ぎてしまいます。

それでも立つ鳥あとを濁さず、で最低限できることはやって

出発したいですね。

おまけ:出向準備を効率よく進めるコツ

最後に、準備をスムーズに進めるコツ3つです。

①やるべきことを書き出す

②自分がコントロールしにくいもの、時間がかかるものから着手

③分からないことは、人に聞く(特に周囲に駐在経験者がいる場合)

独身の場合、家族のこと

子供の学校や病院のことを考えなくても良い分

やることは比べたら少ないし、ぶっちゃけ楽だと思います。

(家族連れで行く人、すごいなと思います。)

ただ独身の場合、

例えば奥さんが市役所で手続きしてくれるみたいな

連携プレーできません。

当たり前ですが、全部自分でやらないといけないです

1人だという事実を強調されるようで沁みる…涙。

でも、必ず終わりはありますし、

その先には新天地への生活が待っています。

応援しています!

ABOUT ME
なまけもの
なまけもの
「まぁいっか」が口癖のアメリカ駐在アラサー女。 出向するまで紆余曲折あり色々迷ったので、同じような人の役に少しでも立てればと情報発信中。 特技はいつでもどこでも寝られること。